『知的な人がよく使う 英語の中の「外来語」』

04.02

著者:青柳 璃乃
定価:本体1,780円(税別)
発行日:2018/4/13
ISBN:978-4-295-40187-2
ページ数:256ページ
サイズ:四六判
音声:mp3ファイル無料ダウンロードつき
発行:クロスメディア・ランゲージ
発売:インプレス
Amazonの商品詳細ページはこちら


音声サンプル(ナレーション:Carolyn Miller)

 

音声mp3ファイルについて

・内容:本文で紹介しているキーワードと例文
・ナレーター:アメリカ英語のネイティブ1名(女性)
・スピード:ちょうどよく、聞き取りやすい
・日本語は収録されていません

音声ダウンロードページはこちら


◎英語ニュース、洋書や映画に頻出の「外来語」
――フランス語、ラテン語、スペイン語、ヘブライ語、ギリシャ語、ロシア語、中国語など◎

英語学習者が、「英語の中の“外来語”」をきちんと学ぶ機会はなかなかありません。しかし、実際の英語ニュースや新聞・雑誌記事には、フランス語やラテン語、ヘブライ語、ロシア語などから来た言葉がよく出てきます。
「英語の中の外来語」は、ネイティブなら誰もが使うというわけではなく、ある程度教養のある人向けのニュース記事や論文、そうした人同士の会話で登場するもの。こうした外来語を学ぶことで、より知的な印象を与える英語を理解し使えるようになるのです。
本書では、著者が特によく見聞きする外来語をまとめたリストから400語を厳選しました。英単語とは違う、少し見慣れないつづりや発音のものもあるので、覚えやすいクイズ形式を取り入れているのも特長です。


著者紹介

青柳 璃乃(あおやぎ・りの)
神奈川県生まれ。立教大学文学部英米文学科卒業。東京大学大学院英語英米文学修士課程修了。イングランドの高校で語学TA。国内では専門学校、英会話学校等に勤務し、現在は予備校で英語講師。英検1級。
著書に『英検1級英単語1400 ODD ONE OUT』『英検準1級英単語2000 ODD ONE OUT』(Jリサーチ出版)がある。


もくじ

第1章 洗練された雰囲気で ニュースや映画によく出てくるフランス語由来の単語
第2章 知的な会話や読解に備える 新聞やアカデミックな場面によく出てくるラテン語由来の単語
第3章 カジュアルに楽しむ 日常会話によく出てくるスペイン語・イタリア語・ドイツ語由来の単語
第4章 異文化を深く知る 洋書によく出てくるヘブライ語・アラビア語・ギリシャ語・ペルシャ語由来の単語
第5章 身近な言葉が英語になるとき 新聞・雑誌やブログによく出てくるロシア語・中国語・日本語由来の単語

 

関連記事

ページ上部へ戻る