『写真と動画で見る ジェスチャー・ボディランゲージの英語表現』

09.22

著者:ランサム はな
定価:本体1,780円(税別)
発行日:2020/10/16
ISBN:978-4-295-40472-9
ページ数:192ページ
サイズ:四六判
音声:mp3ファイル無料ダウンロードつき+動画アクセスつき
発行:クロスメディア・ランゲージ
発売:インプレス

Amazonの商品詳細ページはこちら(電子書籍は準備中)


◎ジェスチャーの手の動きや顔の表情が、写真と動画でわかる◎


日本で使うジェスチャーやボディランゲージは、時に海外で使われるものと違うことがあります。本書では、英語圏で使われるジェスチャーを豊富な写真とともに紹介。ジェスチャーと共に使う英語表現も紹介します。
写真は著者の住むアメリカで撮影。アメリカ人ネイティブによるジェスチャーの動画を観ながら、動きを確認することもできます。

こんな方におすすめです
・外国の人と話す機会のある方
・海外の映画やドラマをよく観る方
・海外旅行や出張の多い方
・留学や海外駐在予定の方

※同シリーズの『写真で見る 看板・標識・ラベル・パッケージの英語表現』(ランサム はな/著)もお勧めです。


◎動画について

・内容:本文で紹介しているジェスチャーやボディランゲージ
・モデル:アメリカ英語のネイティブ2名(男女)、日本人2名(男女)

ジェスチャー動画のページはこちら

 

◎音声サンプル(ナレーション:Carolyn Miller, Josh Keller)

 

音声mp3ファイルについて

・内容:本文で紹介している例文
・ナレーター:アメリカ英語のネイティブ2名(男女)
・スピード:ちょうどよく、聞き取りやすい
・日本語は収録されていません

音声ダウンロードページはこちら


著者紹介

ランサムはな(Hana Kawashima Ransom)
米国翻訳者協会(ATA)認定翻訳者。英検1級。英検2次面接官。
津田塾大学英文学科卒業後、全国展開の英会話学校で主任講師を務める。米テキサス大学オースティン校大学院で教材開発を専攻。米国外国語教材制作会社の英語教材開発に参画。ニューヨークの日系新聞社の翻訳をはじめ、グーグル、デル、マイクロソフト等、一流企業が日本市場を開拓する際の日本語化にも多数参画。Eラーニングの教材翻訳も多数。
現在は世界中から仕事を受注しながら、日本と米国を往復している。日本語教育能力検定試験に合格、アメリカの大学で日本語講師の経験もある。
著書に『写真で見る 看板・標識・ラベル・パッケージの英語表現』(クロスメディア・ランゲージ)。

ホームページ:http://rannohana.net
インスタグラム(看板英語):@kanbanenglish
YouTube「ランサムはなTV」:https://www.youtube.com/c/RansomHanaTV


もくじ

Prologue ジェスチャーについて
ジェスチャーとボディランゲージ
ジェスチャーを実践するうえで大切なこと①自信
ジェスチャーを実践するうえで大切なこと②姿勢
ジェスチャーを実践するうえで大切なこと③アイコンタクト

Chapter 1 やってはいけない! NGジェスチャーとその対処法
子どもやペットの頭を撫でたいとき
テーブルマナーの習慣の違いにも気をつけよう
握手をするときの目線
手で口を覆って話す
鼻をすすらず、かむ
ふざけて使うと本当に危険! 挑発になるのでやめよう

Chapter 2 国によって違うジェスチャー
国によって異なる、数の数え方とハンドジェスチャー
「お金」を示すサインの違い
OKサイン
日本と英語圏での「いいえ(no)」のジェスチャーの違い
手招きのジェスチャー
「私」を指すときに鼻や顔を指す日本、胸を指す英語圏
謝罪の仕方
手を叩いて笑う日本、胸を叩いて笑う英語圏

Chapter 3 男女で違うジェスチャー
男性同士の挨拶【1】通りすがりの軽い挨拶
男性同士の挨拶【2】立ち止まる、カジュアルな挨拶
女性同士の挨拶【1】立ち止まらない、カジュアルな挨拶
女性同士の挨拶【2】立ち止まって、ハグする挨拶
男性と女性の間での挨拶【1】立ち止まらない、カジュアルな挨拶
男性と女性の間での挨拶【2】立ち止まる挨拶
男性が驚いた/感動したときの定番表現Oh my gosh (OMG)①
女性が驚いた/感動したときの定番表現Oh my gosh (OMG)②
ウィンクは合図を送るためのジェスチャー

Chapter 4 日常生活や海外ドラマで見かけるジェスチャー
海外ドラマで見かけるジェスチャー①Stop/Cut it out(ストップ/やめろ)
海外ドラマで見かけるジェスチャー②You are dead(お前はクビだ)
海外ドラマで見かけるジェスチャー③Crazy(クレイジー、いかれてる)
海外ドラマで見かけるジェスチャー④Loser(負け犬、負け組)
海外ドラマで見かけるジェスチャー⑤Whoosh(ちんぷんかんぷん)
日常生活で見かけるジェスチャー①使用頻度が高いWho knows?(わからない)
日常生活で見かけるジェスチャー②警告
【1】I’ve got my eye on you(見ているからね)
【2】Don’t mess up/screw it up(ヘマをするんじゃないぞ)
日常生活で見かけるジェスチャー③苛立ち・怒り・絶望
【1】Come on!(いい加減にしてよ!)
【2】Rolling your eyes(目を剥く、呆れる)
【3】Covering the forehead(額を覆う)
日常生活で見かけるジェスチャー④幸運を祈る
【1】Fingers crossed(うまく行きますように)
【2】Knock on wood(いつまでもこの幸運が続きますように)
日常生活で見かけるジェスチャー⑤Air quotes(エア・クォート)
日常生活で見かけるジェスチャー⑥Check, please(チェック・プリーズ)

Chapter 5 ビジネスで覚えておきたいジェスチャー
日本と英語圏の握手は、手の握り具合と視線が違う
名刺交換
別れ際の挨拶

Chapter 6 海外ではOKなジェスチャー
アメリカはガムを噛むことに寛大だが、他の国では注意が必要
朗らかに大声で笑うことは、失礼ではない
足を組むことは、英語圏では失礼に当たらない
英語圏では、肘をついても失礼には当たらない

Chapter 7 日本独特のジェスチャー
写真撮影時の「ピース」サインは日本特有
女性に見られる「泣く」ジェスチャーも、日本特有
小指を立てて、「彼女」「妻」
「妊娠」を表すポーズ
二本角立てて「怒り」ポーズ
ちょっと通ります

関連記事

ページ上部へ戻る